種牡馬

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/04/05(月) 18:07:49.62 ID:23SdaiiQ0
アルフレード

【●種牡馬にしてほしかった馬】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/12/03(木) 14:22:11.71 ID:gp0z1ikp0
2020年の種付情報を公開しました。

種付けした種雄馬は264頭で、種付種雌馬の延べ頭数は11,766頭(種付種雌馬の実頭数は10,194頭)になります。

平均種付頭数は44.5頭です。最多種付頭数はキズナの242頭です。
(注:頭数は軽種馬のみ)

https://www.jairs.jp/contents/archives/2020/47.html

【2020年の種付情報の公開 最多種付頭数はキズナの242頭】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/27(金) 17:00:15.02 ID:l2aaoYUD0

【重賞未勝利のシルバーステートさん、去年に続き値上げした今年も満口】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ネギうどん ★ 2020/11/25(水) 12:39:06.53 ID:CAP_USER9
社台スタリオンステーションの来年度(2021年)の主なけい養種牡馬の種付け料が決定し、24日に同SSが公式ホームページで発表した。

最も種付け料が高額なのはロードカナロア(牡12)で1500万円。代表産駒のアーモンドアイ(牝5、国枝)が天皇賞・秋で日本競馬史上初の芝G1・8勝目を挙げた。今年の2000万円から500万円低い設定となった。

2番目に高額な1000万円に設定されたのは3頭。初年度産駒から無敗の3冠牝馬デアリングタクト(牝3、杉山)が出たエピファネイア(牡10)は今年の500万円から倍増となった。他にはキズナ(牡10)が600万円、ドゥラメンテ(牡8)が700万円からそれぞれ1000万円に上昇した。また、ドゥラメンテとともに今年デビューの初年度産駒が好調なモーリス(牡9)は400万円から800万円へ倍増となっている。産駒ラッキーライラック(牝5、松永幹)の活躍が目立つオルフェーヴル(牡12)は300万円から350万円へ微増となった。

新種牡馬は4戦無敗で米G1アーカンソーダービーを制したナダル(牡3)が400万円、愛2000ギニー覇者シスキン(牡3)が350万円、18年の最優秀ダート馬ルヴァンスレーヴ(牡5)が150万円となっている。

https://news.sp.netkeiba.com/?pid=tarekomi_view&no=11690

【【競馬】社台SSが来年の種付け料発表 エピファネイア倍増1000万、ロードカナロア500万減の1500万】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/11/24(火) 17:08:45.44 ID:/z8Iz9UT0
みんな高い

【●種付け料エピファキズナドゥラ1000万カナロア1500万モーリス800万】の続きを読む

このページのトップヘ