記録

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ベラドンナ ★ 2020/11/23(月) 22:36:09.91 ID:CAP_USER9
    http://news.yahoo.co.jp/articles/11eebc628c301b709e8e6b306f9b30ede0b4a829



    今年のGIジャパンC(11月29日/東京・芝2400m)は、すごいことになりそうだ。
    日本馬だけでも「これ以上はない」というほどの、夢の対決が実現するのだ。

    先に参戦が伝えられた牡牝の無敗の三冠馬、デアリングタクト(牝3歳)とコントレイル(牡3歳)の対決だけでも、歴史的かつ夢のようなことなのに、三冠牝馬にして、史上初の芝GI8勝を記録した"現役最強馬"アーモンドアイ(牝5歳)までが参戦を表明した。

    これほどの豪華メンバーの共演は、何十年に1回、いや一世紀に1回あるかどうか。
    もしかすると、もう二度と見られないかもしれない。

    その意味では、この3頭の戦いは、日本の競馬史上最高の「3強対決」と言っていいだろう。
    その瞬間が来るのが、今から待ち遠しくてたまらない。

    さて、そんなワクワクした思いを膨らませつつ、ここでは過去の「3強対決」を振り返ってみたい。

    競馬史に残る「3強対決」と言えば、まず思い浮かぶのが、1970年代の"TTG対決"である。

    TTGとは、1976年に3歳クラシック(当時の年齢表記は4歳。以下同)を争った同期の、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスのことだ。

    この3頭による戦いは、当初「東のトウショウボーイvs西のテンポイント」という"TT対決"だった。
    そこに、クラシック最後の一冠、GI菊花賞を制したグリーングラスが加わって、古馬のGI戦線では「3強」と呼ばれるようになった。

    スピードのトウショウボーイ、万能のテンポイント、遅咲きステイヤーのグリーングラスと、3頭の個性はそれぞれ違った。
    そして、この3頭の対決で面白いのは、3頭がそろって出走したレース(計3レース)では、この3頭がワン、ツー、スリーでフィニッシュしていることだ。

    1976年の菊花賞は、グリーングラスが勝って、テンポイントが2着、トウショウボーイが3着。翌年、古馬となって最初の対決となったGI宝塚記念では、トウショウボーイが勝利し、テンポイントが2着、グリーングラスが3着だった。
    その後、最後の3強対決となったのは、その年のGI有馬記念。テンポイントが優勝し、トウショウボーイが2着、グリーングラスが3着だった。

    また、この3頭がすごかったのは、いずれも年度代表馬に選ばれていることだ。

    トウショウボーイはGI皐月賞と有馬記念を制した1976年に、テンポイントはGI天皇賞・春と有馬記念を勝った1977年に、グリーングラスは有馬記念で有終の美を飾った1979年に受賞している。

    ひとつの世代から、これだけの年度代表馬が出るのも珍しい。後世へと語り継がれるにふさわしい「3強対決」だった。

    次に挙げるとすれば、オグリキャップ、スーパークリーク、イナリワンの、いわゆる「平成の3強対決」だろうか。

    (略)

    1990年代半ばにターフを賑わせたサクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデーも「3強」と称された。

    (略)

    これら「3強対決」を振り返って、改めて思うのは「3強」と呼ばれるほど、力が接近している実力馬がそろうと、その競馬は文句なしに面白い、ということだ。ましてや、今年のジャパンCは、前代未聞にして、空前絶後の「3強対決」となる。

    どんな結果になるにせよ、競馬史に燦然と輝く、新たな1ページが刻まれることだけは間違いない。

    【【競馬】デアリングタクト、コントレイル、アーモンドアイ 今年のジャパンCは空前絶後の「3強対決」 過去にもあった伝説の3強物語】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/11/21(土) 12:43:57.88 ID:CAP_USER9
    11/21(土) 12:06
    スポーツ報知

    福永騎手がJRA通算1万8000回騎乗に到達
    福永祐一騎手
     福永祐一騎手(43)=栗東・フリー=は11月21日、阪神4Rでレッドアストラムに騎乗し、JRA通算1万8000回騎乗を達成した。現役8人目、史上9人目。

     初騎乗は1996年3月2日。4R終了時点で重賞147勝を含む通算2381勝を挙げている。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/0b0d6a4d100acb4c9e9027f4207af4024b5e6aaf

    【福永騎手がJRA通算1万8000回騎乗に到達】の続きを読む

    このページのトップヘ